ITエンジニアの転職はキャリアプランが結果を左右する

ITエンジニアのキャリアプランとは?

キャリアプランは転職活動の結果を左右する

キャリアプランの有無が結果に響く

正直なところ、自分のキャリアプランについて現実的なことを考えにくいという人は多いかもしれません。1年先のこともよくわからないのに、5年10年先のキャリアを想像することなどできないと思う人もいるでしょう。しかし、キャリアプランは転職活動の結果を左右する重要な要素です。面接で企業が投げかけてくる質問の多くは、根本にキャリアプランがあるかないかに通じるものです。

面接ではどう聞かれる?

企業の立場になって考えてみると、志望者のキャリアプランは重要な関心事です。面接では、志望者のキャリアプランと自社がどうリンクするのかを理解するため、さまざまな形の質問を投げかけてくるでしょう。ストレートに「どのようなキャリアプランを考えているか」と聞かれる可能性はもちろんのこと、「キャリアプランを実現するためになぜ転職が必要なのか」「この企業に入ることでキャリアプランを実現できると思うのはなぜか」などのニュアンスで聞かれる可能性もあります。大切なことの根本は、転職して自分がどうなりたいかではなく転職したい理由です。面接でキャリアプランについて聞かれたらどう答えようか考えるなら、自分自身に「なぜそうしたいのか」を問いかけるようにして答えをまとめていきましょう。企業側は、その答えをもとに志望者のキャリアプランと自社の環境がマッチしているかを確かめるでしょう。キャリアプランについて深く考えていることが伝われば印象アップにもなります。
キャリアプランを軸にすると、「転職してからどのような仕事をしたいか」「どんなスキルを身につけたいか」「どんな働き方をしたいか」などの質問にも答えやすくなります。難しい質問を投げかけられたとしても、最終的に自分がどうなりたいかが明確なら、そこに答えを寄せていくことでクリアできるでしょう。

ワークポートに相談を

キャリアプランについての相談なら「ワークポート」がおすすめです。ワークポートの転職コンシェルジュは業界、職種のスペシャリストぞろいで、専門力を生かした質の高いアドバイスが期待できます。カウンセリングでは、IT業界での経験や現状のスキル、将来の目標などについての話を通してあらゆる可能性を模索した結果、思いがけないような提案を受けることもあります。自分で調べて考えるだけでは持てない選択肢との出会いは、新たなキャリアプラン形成のきっかけになるかもしれません。望んでいるキャリアプランにマッチした求人があれば、転職に至るまでをフルサポートしてくれます。